「まちの居場所」の継承にむけて

国際長寿センター日本(ILC Japan)からの受託として実施した研究レポート「「まちの居場所」の継承にむけて」が完成しましたのでご紹介いたします。

PDFファイルはこちらこちらからダウンロードをお願いします。

「まちの居場所」は2000年頃から各地に開かれてきました。先駆的な「まちの居場所」が開かれて既に10〜15年が経過した今、「まちの居場所」は社会にどのような価値を投げかけてきたのか、それはどのように継承し得るのか? について考察したものです。
また、「まちの居場所」が制度化というプロセスを経て広がるのではなく、現場から現場へという形で同時多発的に広がっているという状況において、 専門家・研究者はどのような役割を担い得るのか? についても考察しています。

対象としているのは、オープンから運営のお手伝いをしている大船渡市末崎町の「居場所ハウス」(2013年〜)と、学生の頃からお世話になっている東京都江戸川区の「親と子の談話室・とぽす」(1987年〜)、千里ニュータウンの「ひがしまち街角広場」(2001年〜)、そして、新潟市の地域包括ケア推進モデルハウスとして開かれた「実家の茶の間・紫竹」(2014年〜)の4つの場所です。

よろしければご覧ください。

田中康裕『「まちの居場所」の継承にむけて』一般財団法人長寿社会開発センター・国際長寿センター 2017年3月

目次

  • 刊行にあたって(p3)
  • 第1章.はじめに:背景と目的(p7)
    1-1.「まちの居場所」をめぐる状況
    1-2.対象とする4つの「まちの居場所」
    1-3.対象とする「まちの居場所」の位置づけ
    1-4.「まちの居場所」の継承
  • 第2章.居場所について(p17)
    2-1.居場所という言葉
    2-2.居場所という言葉の意味
    2-3.まちの居場所の可能性
  • 第3章.親と子の談話室・とぽす(p21)
  • 第4章.ひがしまち街角広場(p35)
  • 第5章.居場所ハウス(p55)
  • 第6章.実家の茶の間・紫竹(p77)
  • 第7章.「まちの居場所」の運営の継続(p87)
    7-1.人の確保
    7-2.ものの確保
    7-3.お金の確保
    7-4.内部の人に対して外部の人が出入り自由であること(セミパブリックな空間)
    7-5.ありあわせのものを活用すること(ブリコラージュ)
    7-6.主客の関係の入れ替わりを大切にすること(ホスピタリティ)
  • 第8章.「まちの居場所」の価値(p99)
    8-1.社会的弱者ではなく、尊厳をもった個人として居られること
    8-2.プログラムへの参加ではなく、場所に居ること
    8-3.完成されたものの利用ではなく、自分たちで徐々に作りあげていけること
    8-4.既存の枠組内での連携ではなく、まちを再構築すること
  • 第9章.「まちの居場所」の価値の継承(p111)
    9-1.「まちの居場所」の価値と制度・施設化
    9-2.理念の中身を事後的に豊かなものにし共有すること
  • あとがき:「まちの居場所」における専門家・研究者
  • 注(p117)
  • 参考文献・資料(p133)

(更新:2017年4月19日)