世界の計画都市・住宅地・ニュータウン

これまでに訪問した各国の計画都市・住宅地・ニュータウンについての記事です。

こちらで各国の計画都市・住宅地・ニュータウンの写真データを販売しています。

アジア

シンガポール

韓国

  • 果川(グワチョン・Gwacheon)
    ソウル特別市の南に隣接する住宅団地で、1982年、ソウル特別市から政府機関の一部が移転。1984年から開発
  • 板橋(パンギョ・Pangyo)
  • 盆唐(ブンダン・Bundang)
  • 海雲台(ヘウンデ・Haeundae)
    釜山郊外のニュータウン
  • 松島新都市(New Songdo City)

中国

ヨーロッパ

イギリス

  • レッチワース(Letchworth)
    エベネザー・ハワードの理念に基づき、ロンドンの北に建設された最初の田園都市(ガーデン・シティ)。1903年より建設開始
  • ウェリン・ガーデンシティ(Welwyn Garden City)
    エベネザー・ハワードの理念に基づき、ロンドン郊外に建設された2番目の田園都市(ガーデン・シティ)で、後にニュータウンとして開発。1920年より建設開始
  • スティヴネイジ(Stevenage)
    ニュータウン法(1946年制定)により最初に指定されたニュータウン。ニュータウン指定は1946年11月11日
  • クローリー(Crawley)
    ニュータウン法(1946年制定)により2番目に指定されたニュータウン。ニュータウン指定は1947年1月9日
  • ハーロウ(Harlow)
    ニュータウン法(1946年制定)により3番目に指定されたニュータウン。ニュータウン指定は1947年3月
  • ハットフィールド(Hatfield)
    ニュータウン法(1946年制定)に指定された初期のニュータウンの1つ。ニュータウン指定は1948年6月14日
  • グレンロセス(Glenrothes)
    ニュータウン法(1946年制定)によりスコットランドで2番目のニュータウンに指定。ニュータウン指定は1948年
  • ミルトン・キーンズ(Milton Keynes)
    イギリスで最大規模のニュータウンで「ニューシティ」(New City)とも呼ばれる。ニュータウン指定は1967年。

ドイツ

フィンランド

  • タピオラ・ガーデンシティ(Tapiola Garden City)
    「タピオ(Tapio)」とは森の精霊の意味で、「タピオラ(Tapiola)」とは神々の住むところという意味。1952〜1970年頃にかけて、民間の非営利法人「アスントセーティヨ」(Asuntsäätiö・住宅財団)によって開発

イタリア

  • エウル(E.U.R.)
    ムッソリーニが開発したニュータウン。

アメリカ

アメリカ合衆国

  • グリーンベルト(Greenbelt)
    フランクリン・ルーズベルト大統領のニューディール政策によって建設された3つの「グリーンベルト・タウン」の1つ。グリーンベルで初期に建設された住宅は協同組合(Greenbelt Homes, Inc.)によって管理・運営されている。1937年入居
  • レヴィットタウン(Levittown)
    レヴィット&サンズ社によって開発されたニューヨーク郊外の住宅地。
  • フォスターシティ(Foster City)
    フォスターシティの名前は、市内の多くの土地を所有し、当初の計画に尽力した不動産王、T・ジャック・フォスター(T. Jack Foster)に由来。1960年代に開発。面積は5138.8haで、その約19%にあたる972.9haが陸地

(更新:2017年4月30日)