ゆるやかなつながりについて:岡檀著『生き心地の良い町』を読んで①

岡檀氏による『生き心地の良い町−−この自殺率の低さには理由(わけ)がある』(講談社 2013年)という本を読みました。

世界保健機関(WHO)では自殺の危険を高める要素(自殺危険因子)として、「社会経済的地位の低さ、失業、支援の欠如、病苦など」があげられている。けれどもこれらはどの地域でもみられるもの、起こり得るもの。そうすると自殺希少地域には自殺行動を緩和する要素(自殺予防因子)が豊かにあるのではないか? そして、自殺予防因子はコミュニティのあり方に関係があるのではないか?
この本の著者である岡氏は、こうした仮説に基づき、日本で最も自殺率の低い地域(自殺希少地域)の1つである徳島県海部町(現在の海陽町の一部)を対象とする調査を続けてこられた方です。
この本を読み特に興味深かったのは、海部町における人々の関係はゆるやかなものだということ、そして、海部町では「幸せ」と感じている人よりも「幸せでも不幸せでもない」と感じている人の割合が多いこと。

海部町の調査から見出された5つの自殺予防因子

海部町での調査を通して岡氏が見出した自殺予防因子は次の5つ。

  1. いろんな人がいてもよい、いろんな人がいたほうがよい
  2. 人物本位主義をつらぬく
  3. どうせ自分なんて、と考えない
  4. 「病」は市に出せ
  5. ゆるやかにつながる

4番目に挙げられている「「病」は市に出せ」というのは海部町の人々が口にする格言であり、「「病」とは、たんなる病気のみならず、家庭内のトラブルや事業の不振、生きていく上でのあらゆる問題」、「「市」というのはマーケット、公開の場」を意味する。「病、市に出せ」というのは、問題が起こったら「早めに開示せよ、そうすれば、・・・・・・、周囲が何かしら対処法を教えてくれる。まずはそのような意味合い」であり、同時に、「やせ我慢すること、虚勢を張ることへの戒め」でもあるとされています。

5つの自殺予防因子の中で、岡氏が「他の四つの要素の根源であると同時に帰結でもあると言える」としているのが「ゆるやかにつながる」。岡氏は海部町の人々の人間関係について次のように述べています。

「先に述べたとおり、海部町な物理的密集度が極めて高いコミュニティであり、好むと好まざるとにかかわらず住民同士の接触頻度は高い。特に密集した居住区では、隣家の電話での会話まで聞こえてくるというような生活を送っている人たちもいて、彼らにとってはプライバシーの保護などまるで現実味がない。
その一方で、隣人間のつきあいに粘質な印象はない。基本は放任主義であり、必要があれば過不足なく援助するというような、どちらかといえば淡泊なコミュニケーションの様子が窺えるのである。」(p83)

「ゆるやかなつながり」が自殺予防因子だというのは興味深い結果。岡氏はこれについて「この町の人々は他者への“関心”が強く、ただしそれは“監視”とは異なるものである」とも述べています。
暮らしにおいてコミュニティは重要ですが、コミュニティが重要だと主張される場合に往々にして思い描かれるのは濃密な人間関係、強い絆。しかし濃密な人間関係は同じ価値観を持つ人々の集まりとなり、異なる価値観を許容しない閉鎖的、抑圧的なものになる恐れもあることは忘れてはなりません。「絆」が手枷・足枷を意味する「ほだし」と読むことにも関わってくることだと考えています。

この本でもう1つ興味深かったのは、海部町では、隣接する2町に比べて「幸せ」と感じている人の割合が少なく、「幸せでも不幸せでもない」と感じている人の割合が多いという調査結果。これは、自殺希少地域には「幸せ」と感じている人がたくさんいるのだろうという先入観を裏切るもの。
岡氏はこの調査結果を次のように説明しています。

「人は通常、自分が幸福かどうかを判断するときになんらかの“物差し”を使う。・・・・・・。世間や他者と比較して自分を測るという行為であり、つまり、比較対照する世間や他者の状況に応じて自分の幸福度もまた上がり下がりする。このように考えていくと、「幸せでも不幸せでもない」状態とは、その判断基軸をあちこちに動かされることなく、案外のどかな気分でいられる場ともいえるかもしれないのである。
さらにいえば、「不幸でない」ことに、より重要な意味があるとも感じる。・・・・・・、海部町コミュニティが心がけてきた危機管理術では、「大変幸福というわけにはいかないかもしれないが、決して不幸ではない」という弾力性の高い範囲設定があり、その範囲からはみ出る人−−つまり、極端に不幸を感じる人を作らないようにしているようにも見える。」(p182)

周りの人に惑わされず自分なりの判断基軸をしっかりともつことができる。同時に極端に不幸を感じる人を生み出さないようにするし、そのような人がいたら手を差し伸べる。海部町はそのような地域なのだと。


「ゆるやかなつながり」に関して思い返すのは、、2000年頃から各地に同時多発的に開かれるようになったコミュニティ・カフェ(まちの居場所)のこと。コミュニティ・カフェではたとえ少額であっても飲物・食事が有料で提供されている。
お金を介在させるから、お金さえ支払えば誰でも飲み物を飲んだり、食事をしたりすることができる。言い方を変えれば、お金を支払うことが、そこを訪れ、過ごすことの大義名分となる。たとえその人が地域に関心を持たず、単に飲食の目的のためだけに訪問しても、コミュニティ・カフェは地域の人が集まる場所であるから、そこで居合わせた地域の人同士が顔見知りになる可能性もある。
無料で飲み物や食べ物が提供されるのでもなく、会員制のサークルやクラブでもなく、コミュニティ・カフェがカフェ(お店)として運営されているからこそ、「ゆるやかなつながり」を生み出し得るという点は注目されてよいことです。

このような話をすると、時々言われるのが、「ゆるやかなつながり」にはどのような意味があるのか? ということ。これに対して岡氏のこの本は「ゆるやかなつながり」には自殺防止という意味があると答えてくれます。
ただ、この本には明確に書かれているわけではありませんが、「ゆるやかなつながり」は自殺を防止するための手段として捉えるのではなく、「ゆるやかなつながり」の結果として、自殺を防止するという効果がもたらされていると捉えるべきではないか。命を守ることが重要なのはいうまでもありませんが、「ゆるやかなつながり」を自殺防止(これは生活支援、介護予防にも当てはまる)という単一の目的を達成する手段として捉えてはならないと思います。

調査のきっかけは自殺予防因子を明らかにすることであったとしても、岡氏は海部町の「ゆるやかなつながり」に魅かれて調査を継続されてきたのではないか。この本の行間には岡氏のこうした思いが溢れているように感じました。

地域の地理的特性と自殺率について:岡檀著『生き心地の良い町』を読んで②

2017.10.15

ゆるやかなつながりについて:岡檀著『生き心地の良い町』を読んで①

2017.10.14