プロフィール

田中康裕(Yasuhiro Tanaka)
京都府生まれ。現在は、岩手県大船渡市末崎町に在住。

大阪大学大学院に在籍していた時、千里ニュータウンと出会い、「千里グッズの会」のメンバーとして、千里ニュータウンの絵葉書作り、千里ニュータウン展、新千里東町近隣センターに開かれた「ひがしまち街角広場」のアーカイヴの編集などの活動をお手伝いしてきました。

海外のいくつかのニュータウン・郊外住宅地を訪問し、ニュータウンが歴史を持つ街であることを教えられ、ニュータウンにおいて人々の暮らしの歴史をどのように収集・編集・共有し、それをどのように次の世代に伝えていけばいいのかに関心を抱くようになりました。
2012年9月には「千里グッズの会」のメンバー有志と「千里ニュータウン研究・情報センター」(ディスカバー千里)を設立しました。

2013年5月からは、東日本大震災の被災地である岩手県大船渡市で生活しています。ワシントンDCの非営利法人「Ibasho」の呼びかけで大船渡市末崎町(まっさきちょう)に開かれた「居場所ハウス」の運営に携わりながら、フィールドワークを継続。2015年に、「居場所ハウス」等での活動を通して知り合っ方々とNPO法人Ibasho Japanを設立しました。

その後、ワシントンDCの非営利法人「Ibasho」によるフィリピンネパールでのプロジェクトのサポートも行っています。千里ニュータウンには住んでいませんが、引き続き「千里ニュータウン研究・情報センター」(ディスカバー千里)の活動にも参加しています。

2008年11月から続けているウェブサイト/ブログ「ニュータウン・スケッチ」では、千里ニュータウン、大船渡、Ibashoプロジェクトのことや、日々の生活で気にとまったことなどを書いています。

どうぞよろしくお願いします。

略歴

  • 2007年3月:大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程修了
  • 2007年4月1日~2008年3月31日:大阪大学大学院工学研究科 特任研究員
  • 2008年4月1日~2013年4月30日:清水建設(株)・技術研究所 研究員
  • 2012年年2月5日~2013年3月16日:千里ニュータウンまちびらき50年事業実行委員会 委員
  • 2012年4月1日~2014年3月31日:大阪大学大学院工学研究科 特任研究員
  • 2012年年5月1日~2014年3月31日:豊中市千里文化センター 市民実行委員
  • 2012年9月15日~:千里ニュータウン研究・情報センター 事務局長
  • 2013年5月1日~:Ibasho リサーチフェロー
  • 2015年8月19日~:NPO法人Ibasho Japan 副理事長
  • 2015年12月1日~2017年3月31日:東京大学大学院経済学研究科 特任研究員

資料

これまでに執筆した千里ニュータウン、大船渡での活動などに関する出版物、雑誌記事、学会論文などをこちらに掲載しています。

写真データ販売

  • PIXTA:国内外のニュータウンなどの写真データを販売しています。

ニュータウン・スケッチについて

ニュータウン・スケッチは千里ニュータウン(大阪府)をはじめとする国内外の計画住宅地のこと、大船渡市(岩手県)の「居場所ハウス」やフィリピン、ネパールでのIbashoプロジェクトのこと、日々の生活で考えたこと、感じたことなどをお伝えするウェブサイトです。

ニュータウン・スケッチは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(更新:2017年11月27日)