千里ニュータウン略年表

1950年〜

■1955(昭和30)
*日本住宅公団発足
*自由党と日本民主党が合併し自由民主党が誕生

■1956(昭和31)
*国連加盟

■1957(昭和32)

■1958(昭和33)
・千里丘陵住宅地区開発事業が大阪府の施策として正式決定

■1959(昭和34)
・大阪府知事が建設計画案を公表
・上新田で用地買収交渉が始まる
*伊勢湾台風

1960年〜

■1960(昭和35)
・千里丘陵住宅地区開発事業のマスタープランが正式決定
・大阪府企業局発足
*安保闘争

■1961(昭和36)
・千里丘陵住宅地区開発事業の起工式が挙行

■1962(昭和37)
・千里ニュータウン町びらき式開催
・佐竹台入居開始

■1963(昭和38)
・高野台、津雲台入居開始
・阪急・千里山〜新千里山(現・南千里)間開通。ニュータウン初の鉄道
・名神高速道路が開通

■1964(昭和39)
・藤白台・古江台入居開始
*東京オリンピック
*東海道新幹線開業

■1965(昭和40)
・青山台入居開始
・南地区センター専門店オープン
・佐竹台・藤白台・新千里山駅でロケを行なった日活映画「青春のお通り」が封切、主演は吉永小百合

■1966(昭和41)
・新千里北町、新千里東町入居開始
・人口が5万人を突破
・昭和天皇・皇后両陛下ご訪問
・佐藤首相視察
*ビートルズ来日

■1967(昭和42)
・阪急千里山線が北千里駅まで延長開通、北千里駅には日本初の自動改札機を採用。新千里山駅を南千里駅に、千里山線を千里線に改称
・北地区センターオープン
・新千里病院(現・済生会千里病院)オープン
・北消防署オープン
・桃山台、竹見台入居開始
・ウルトラマン、『怪獣殿下』の一部をロケ
*泉北ニュータウン(大阪)入居開始

■1968(昭和43)
・大阪大学、工学部から吹田キャンパスへ移転開始
・千里中央公園オープン
・新千里西町、新千里南町入居開始
・皇太子ご夫妻(当時)ご訪問
*高蔵寺ニュータウン(愛知)入居開始

■1969(昭和44)
・人口10万人を突破
*人類、初めて月に着陸

1970年〜

■1970(昭和45)
・日本万国博覧会(大阪万博)開催
・北大阪急行・新御堂筋・大阪中央環状線など開通
・中央地区センターの百貨店・専門店街オープン
・千里ニュータウン「新住宅市街地開発法」としての事業が完了

■1971(昭和46)
・万博記念公園オープン
・葬祭センター千里会館オープン
*多摩ニュータウン(東京)入居開始

■1972(昭和47)
・千里中央セルシーオープン
・入居後10年を経た一戸建て区画から転売解禁
*沖縄返還
*日本列島改造論

■1973(昭和48)
・千里のスーパーに突然長い行列ができ、トイレットペーパーが売り切れる
・阪急山田駅オープン
・児童数増加のため、マスタープランにない初めての小学校が開校
・マンションブームでニュータウン周辺部の開発が進む
*地価高騰
*オイルショック

■1974(昭和49)
・この頃から内風呂の普及で近隣センターの銭湯が衰退
・千里ニュータウンの市外局番が068から06に変更される

■1975(昭和50)
・人口が最高の128,993人を記録
・北大阪急行緑地公園駅オープン

■1976(昭和51)
・この頃から駐車場不足が深刻化。一部緑地を駐車場に転用
・千里中央地区の駅前バス・タクシー乗降所改造

■1977(昭和52)
・国立循環器病センターオープン
・万博公園内に国立民族学博物館オープン

■1978(昭和53)
・吹田市立千里市民センターオープン
・豊中市立千里文化センターオープン
・団地の一部屋増築始まる

■1979(昭和54)

1980年〜

■1980(昭和55)
・この頃から「京阪神千」「グレーター千里」の概念が提唱される

■1981(昭和56)
*神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア)

■1982(昭和57)
・千里20年まつり
・千里丘陵の竹林、日本の自然100選に

■1983(昭和58)

■1984(昭和59)

■1985(昭和60)
・南千里湯、古江台湯等の公衆浴場の閉鎖が続く

■1986(昭和61)
*円高不況

■1987(昭和62)
・「国際居住年」にちなんで「ニュータウン世界フォーラム」が開催

■1988(昭和63)
・この頃からバブル景気を背景に一戸建ての建替え活発化

■1989(平成元)
・千里の竹林が「大阪みどりの百景」に選ばれる
*消費税導入
*ベルリンの壁崩壊

1990年〜

■1990(平成2)
・千里体育館オープン
・大阪モノレール千里中央〜南茨木間開通
*バブル経済頂点に
*大阪花博

■1991(平成3)
・せんちゅうパルがリニューアルオープン
・この頃から社宅がマンションに、団地の建替えが問題になり始める
・この頃から近隣センターの衰退が顕著になる
*湾岸戦争
*バブル崩壊
*ソ連崩壊

■1992(平成4)
・千里ライフサイエンスセンターがオープン
・豊中市千里ニュータウン地区住環境保全に関する基本方針運用開始
・千里30年まつり
・千里朝日阪急ビル完成

■1993(平成5)
・大阪大学医学部付属病院移転
*Jリーグ開幕
*細川内閣が成立

■1994(平成6)
・ディオス北千里グランドオープン
・大阪モノレール千里中央〜柴原間開通
・この頃から近隣センターの建替えが始まる
*関西空港開港

■1995(平成7)
*阪神・淡路大震災

■1996(平成8)
・千里南センター株式会社創立、千里南地区センター再整備計画が始まる

■1997(平成9)
・アザール桃山台オープン
・人口が10万人を割り込む
・大阪モノレール柴原〜大阪空港、南茨木〜門真市間開通

■1998(平成10)
・新千里西町K-A団地、全員合意に基づく建て替え工事着工
・大阪モノレール万博記念公園〜阪大病院前間開通(彩都線)

■1999(平成11)

2000年〜

■2000(平成12)

■2001(平成13)
・新千里東町近隣センターに「ひがしまち街角広場」オープン
*9・11同時多発テロ

■2002(平成14)
・千里ニュータウン40周年記念国際シンポジウム開催

■2003(平成15)
・千里市民フォーラム発足
・千里竹の会発足
・少子化で小学校統廃合
・デュー山田オープン
*イラク戦争

■2004(平成16)
・ガーデンモール南千里オープン
・「彩都」入居開始

■2005(平成17)
・(財)大阪府千里センターが解散し、事業を(財)大阪府タウン管理財団が継承
・65歳以上高齢化率が25%を突破
*愛・地球博
*日本の人口が減少に転じる

■2006(平成18)
・大阪府企業局解散
・千里中央地区センター再開発始まる
・人口が9万人弱となる
・吹田市立博物館で「千里ニュータウン展」が開催
豊中市千里公民館で「千里ニュータウン展@せんちゅう」が開催
・「ひがしまち街角広場」が場所を移転して再オープン
・FM千里が開局

■2007(平成19)
・「千里ニュータウン再生指針」策定
・大阪モノレール阪大病院前〜彩都西間開通
・FM千里開局
・団地建替え活発化
・「再生まちびらき」(佐竹台)
*世界金融危機

■2008(平成20)
・豊中市千里文化センター「コラボ」建て替えオープン
・65歳以上の高齢化率28%に
*北京オリンピック

■2009(平成21)
・千里中央にタワーマンション「ザ・千里タワー」が竣工

2010年〜

■2010(平成22)
・東町フェスタinセルシー開催
*上海国際博覧会開催、入場者数が万国博覧会を超える

■2011(平成23)
・千里グッズの会と豊中市の協働事業「ディスカバー千里」スタート
*東日本大震災

■2012(平成24)
・まちびらき50周年
・千里ニュータウンプラザオープン
・吹田市立博物館「ニュータウン半世紀展−千里発・DREAM−」

■2015(平成27)
・SENRITOよみうりが一部開業


※[*]をつけた項目は世の中の出来事

(更新:2015年12月29日)