千里ニュータウンの人口・高齢化率(2018年春)

  • 長期的な人口・世帯数等の推移はこちらをご覧ください。

吹田市・豊中市の2018年春の住民基本台帳による人口・世帯数が公開されていますので、千里ニュータウンの最新の人口・世帯数を集計しました。
この記事では次の4つに分けて集計しています。

  1. 千里ニュータウンとして開発された12住区(吹田市域8住区+豊中市域4住区)
  2. 吹田市域の8住区:佐竹台、高野台、津雲台、藤白台、古江台、高野台、竹見台、桃山台
  3. 豊中市域の4住区:新千里北町、新千里東町、新千里西町、新千里南町
  4. 上新田

データは特に記載がない限り、吹田市・豊中市の住民基本台帳の値を用いています(吹田市は3月31日、豊中市は4月1日時点のデータ)。

人口

近年、集合住宅の建替えラッシュにより人口は継続して増加してきましたが、2018年には前年より人口がわずかに減少。まだ建設中の集合住宅はあるものの、千里ニュータウンの再開発は一段落したと言えるのかもしれません。
2018年春の時点で、①千里ニュータウンとして開発された12住区の人口は99,112人と約10万人。このうち、②吹田市域の8住区の人口は約63,742人、③豊中市域の4住区の人口は35,370人となっています。また、④上新田の人口は20,751人であり、④上新田のみ前年より人口が増加しています。

世帯数

世帯数も集合住宅の建替えラッシュにより継続して増加してきましたが、人口と同様、2018年には前年よりわずかに減少しています。①千里ニュータウンとして開発された12住区の世帯数は45,745戸。このうち、②吹田市域の8住区の世帯数は約29,524世帯、③豊中市域の4住区の世帯数は約16.221世帯。また、④上新田の世帯数は約8,766世帯で、④上新田のみ前年より世帯数が増加しています。

一世帯あたりの人数

①千里ニュータウンとして開発された12住区の近年の一世帯あたりの人数は横ばいとなっており、2.15〜2.2人の間を推移。④上新田で減少傾向が続いており、2018年春時点で約2.37人となっています。

高齢化率

まち開き当初は若い世代が多かったため、①千里ニュータウンとして開発された12住区の高齢化率は全国平均を下回っていましたが、1990年代後半に高齢化率は逆転。ただし、近年は集合住宅の建て替えラッシュにより若い世代が入居しているため、②吹田市域の8住区、③豊中市域の4住区の高齢化率はいずれも約30%と近年は横ばいとなっています。2015年に実施された国勢調査によると、2015年10月1日現在の日本の高齢化率は26.6%であり、①千里ニュータウンとして開発された12住区の高齢化率は全国平均より3%ほど大きくなっています。
④上新田の高齢化率は増加し続けているものの、2018年春時点でも約18.6%と、全国平均を下回っています。
①千里ニュータウンとして開発された12住区の高齢化率はほぼ横ばいですが、前期高齢者(65〜74歳)と後期高齢者(75歳〜)を分けてみると、前期高齢者の割合は減少し、後期高齢者の割合は増加する傾向が見られ、既に後期高齢者の割合(2018年春時点で約17.8%)が、前期高齢者の割合(2016年春時点で約12.4%)を上回っています。
④上新田は前期高齢者の割合も、後期高齢者の割合も小さいですが、継続して増加しています。

  • 日本の高齢化率は国勢調査より。千里ニュータウンの高齢化率は、2005年までは国勢調査、2010年、2015年は住民基本台帳(各年吹田市域は9月30日、豊中市域は10月1日現在の値)より。

人口の年齢構成

①千里ニュータウンとして開発された12住区について、2010年と2018年の人口の年齢構成を比べると、2010年では60〜74歳(ニュータウン第一世代)が最も大きな山、35〜44歳(ニュータウン第二世代)が次に大きな山となっていたのに対して、2018年は40〜54歳(ニュータウン第二世代)が最も大きな山になっているという変化が見られます。ここにも近年の集合住宅の建て替えラッシュの影響が現れています。②吹田市域の8住区、③豊中市域の4住区だけを取り出しても、同じ傾向が見られます。
④上新田の人口の年齢構成は、若い世代が大きな山になっているという特徴があります。最も大きな山は2010年は35〜39歳、2015年は40〜44歳、2018年は45〜49歳と年が経過するとともに右側に移動していることがわかります。