千里ニュータウン計画の手法

団地の住棟配置

千里ニュータウンでは団地の住棟配置に工夫が見られます。団地の住棟を配置する方法は、大きく「平行配置」と「囲み型配置」(コの字型配置)の2つに分けることができます。

平行配置

「平行配置」は東西に細長い住棟を平行に配置することで、全ての住戸を南面させ、日照を確保できるという利点があり、千里においては主に公団(現・UR都市機構)の団地で採用されました。
南側に部屋を確保するため、階段室の入口は北側に設けられることになります。全ての住棟へは北側から入るため、隣り合う住棟の人々が接触する機会が少なくなってしまう。そこで千里津雲台団地などでは、北側に階段室の入口がある住棟と南側に階段室の入口がある住棟(北入りタイプと南入りタイプの住棟)をペアにして配置することで、「平行配置」でありながら2つの住棟の住民が広場で交流できる工夫がなされました。

囲み型配置

「囲み型配置」は住棟で囲んだ中庭を作り出すことで、居住者の交流・活動の場を確保できるという利点があります。千里においては、主に府営住宅の団地で採用されましたが、後期に開発された公団(現・UR都市機構)の新千里東町団地や千里竹見台団地では一部に「囲み型配置」が採用されています。なお、「囲み型配置」を採用する場合、一部の住棟が西向きとなるため、府営住宅には窓に緑の日除けが取り付けられています。

府営千里高野台住宅の日よけ

住棟表示

千里ニュータウンの集合住宅の住棟壁面にはA・B・C・Dいずれかの文字が記載されています。これは、次のように集合住宅の供給主体を表しています。

  • A:大阪府住宅供給公社
  • B:大阪府
  • C:UR都市機構(旧・日本住宅公団)
  • D:社宅

千里ニュータウン開発の主体である大阪府企業局の職員として計画に携わった山地英雄氏が次のように述べている通り、A・B・C・Dは住棟配置に関わってきます。

コの字型配置と平行配置
しかし、私どもの企業局が造成した造成地に住宅を建てるのは戸建住宅以外は同じ大阪府のなかでも建築部であり住宅協会(後の府住宅供給公社)であり、あるいは住宅公団(後の住宅都市公団で現在の都市基盤整備公団)や一部給与住宅(社宅住宅)で、仲々最初に私どもが描いた配置通りにはなりません。彼らは実際の住宅供給の経営責任から、企業局で先に描いたようないわゆる「コの字型」配置に対して従来からの南面重視の平行配置を主張しました。
「コの字型」配置は住宅棟の囲みによるコミュニティの構成を企図したものです。佐竹台の自治会にいまも「コの字会」というのがありますがこれはその名残りです。しかし、このような論争の結果、住居表示決定の際に私どもの考えを前向きに採用した住宅協会の110戸の棟標示には「A」を与え、一部平行配置の持論を固執した750戸の府営住宅を「B」としたのは、いまとなっては後味の悪い思い出です。また、住宅公団は「C」、給与住宅は「D」としました。しかし、このような棟標示の方法も差別排除の立場からか泉北ニュータウンからは一切廃止されました。
*山地英雄『新しき故郷−−千里ニュータウンの40年』NGS 2002年

山地氏によると、大阪府企業局はコミュニティ形成のため囲み型配置(コの字型配置)を考えていた。この考えに沿って囲み型配置を採用した大阪府住宅供給公社がA、そして大阪府営住宅がB、一方、平行配置を採用したUR都市機構(旧・日本住宅公団)がCになったということのようです。なお、千里ニュータウンでも近年の再開発で建て替えられた集合住宅では、A・B・C・Dの文字が記載されない傾向にあります。

歩車分離

千里ニュータウンで試みられたことの1つとして歩車分離をあげることができます。歩車分離の方法として、千里ニュータウンの前期に開発された住区ではクルドサック(袋小路)、後期に開発された住区では歩行者専用道路を特徴的に見ることができます。

クルドサック(袋小路)

ラドバーンで用いられた道路計画の手法の1つで、クルドサック(cul-de-sac)とはフランス語で袋小路の意味。住宅地から通過交通を排除するための行き止まりの道路で、先端部分は歩行者専用道路で結ばれています。
千里ニュータウン計画ではラドバーンシステムが手本とされており、前半に開発された吹田市域の住区に多くのクルドサックが見られます。クルドサック先端部分の歩行者専用道路が階段になっていることが多いですが、当時は大きな重機がなく土地を大きく造成するのが難しかったため、クルドサックになっている道路は等高線に沿わせるように通されました。そのため、クルドサック先端部分が階段で結ぶというかたちになっています。

藤白台のクルドサック

歩行者専用道路のネットワーク

千里ニュータウンで新千里北町以降に開発された住区では、歩行者専用道路が採用されています。歩行者専用道路により、車と出会うことなく住区内を周ることが可能になっています。千里ニュータウンには、川ではなく車道の上を渡る橋が多数ありますが、これは千里丘陵の山だった部分に歩行者専用道路を、谷だった部分に車道を通し、両者を立体交差させたものです。

新千里北町のすずかけ橋

ループ型道路

新千里北町の特徴として、初めて採用された歩行者専用道路に加えて、ループ型道路をあげることができます。ループ型道路はクルドサックを改良したもの。クルドサックになっている道路が等高線に沿わせるように通されたため道路形状が複雑であり、先端に車が転回するためのスペースが必要になります。それに対してループ型道路では、道路をコの字型に配置することで車の通り抜けを可能とする、つまり、転回するスペースも不要とするものです。

千里では当初、丘陵地形を生かして工事での切盛土量を減らす意味から、谷は谷、尾根は尾根でそれぞれ一本の道路をいれた。その結果、長いクルドサックができてしまい、道路形態がわかりにくくなるという欠陥が指摘されるようになった。そしてまた、クルドサックは特定住民の交通だけを対象とする構造であるために、公共施設として市町村へ移管しにくい点や、非常に消防車、救急車などが各住区に迅速に接近できないなどの問題が反省されるにおよび、その後、ループを基本とする道路網配置に変わっている。
*渡辺千賀恵「交通計画論」・住田昌二編『日本のニュータウン開発−千里ニュータウンの地域計画学的研究』都市文化社 1984年

実は新千里北町では千里ニュータウンの12住区の中で唯一、動物型や幾何学型のユニークな車止めが多数設置されていますが、千里ニュータウン研究・情報センターの調査を通して、歩行者の安全を確保するため、ユニークな車止めはループ型道路と歩行者路が交わる部分に設置されたものだということが明らかになってきました。

新千里北町のループ型道路と車止め

(更新:2018年5月3日)