ウィリアム・ホワイトの『ストリート・コーナー・ソサエティ』を読んで

ウィリアム・F・ホワイト(William Foote Whyte)の『ストリート・コーナーソサエティ』(有斐閣 2000年)を読みました。

イタリア系移民が生活する地域における、街かどのギャング団を対象としたフィールドワークをまとめたもので、対象地はボストンのノースエンド。
私は『ストリート・コーナーソサエティ』をアカデミックな世界を超えて読まれるものにしようと心に決めていた」と著者のホワイトが書いているように、ノンフィクションの本のようにスラスラと読める本です。

『ストリート・コーナーソサエティ』からは、ギャング団におけるリーダーシップのあり方、メンバーのボウリングの成績が集団における地位と関係していること、コーナー・ボーイズ(街かどの若者たち)とカレッジ・ボーイズ(大学生たち)との出世や友情に対する考え方の相違など学ぶべきことは多かったですが、何よりフィールドワークという調査・研究手法に興味をもつ者にとっては、本編の後につけられた「A『ストリート・コーナー・ソサエティ』のその後の展開過程」が参考になりました。

このアペンディックスには参与観察の方法も書かれているだけでなく、フィールドにおける不安や戸惑い、やらかしてしまった失敗なども書かれています。これらのことは自分にも身に覚えがあるだけに、「私がしでかしたのを書いたのは、単に私の気持ちを清めることではない。もっと重要なことは、将来のフィールドワーカーが、愚かしい誤りや深刻な失敗を犯してもなお、価値ある研究を生み出すことができることを理解する一助になればと考えたからである」という言葉には励まされました。

「私はボウリング場ですごす土曜の夜を、単に私と私の友人たちのレクリエーションとみることにした。私はボウリングをエンジョイするあまり、時々私の研究を怠っているのではとちょっと罪の意識を感じたほどである。私が仲間とボウリングしたのは、彼らをインタビューしたり、重要な事柄を観察できるような社会的位置を確立するのが目的であった。しかしこの重要な事柄とは何であったのか。私はこの統計の宝庫を捨てると、突如として定期的なボウリング場の試合での仲間たちとの行動こそが、私が観察すべき完全なモデルであったことに気づいた。他の何かを観察するためにボウリングをする代わりに、ボウリングを観察するために、ボウリングをすべきであったのだ。私は仲間たちの日常の決まった活動こそが、私の研究の基礎データを構成するのだ、ということも学んだ。」
*W・F・ホワイト(奥田道大 有里典三訳)『ストリート・コーナーソサエティ』有斐閣 2000年

「もし調査者が、科学的テストに耐えうるような普遍化を求めるならば、私たちは文化のなかでも直接的、あるいは間接的に観察できるか、測定できるような要素に焦点を合わせなくてはならない。それが街かどのギャング団の研究において私のしたことなのだ。」
*W・F・ホワイト(奥田道大 有里典三訳)『ストリート・コーナーソサエティ』有斐閣 2000年

次の言葉も印象に残っています。

「言葉を学ぼうとする努力は、私自身や私の仕事について人びとの語ることができるというよりも、彼らへの私の関心の誠意を確立する上で役立つ。言葉を徹底的に学べば、どうして調査者が“うちの人間を批判”するようなことをするだろうか。言葉は理解力をますものだが、人びとを理解しようとしなければ、彼らを単に批判することは、もっとたやすいことなのだ。」
*W・F・ホワイト(奥田道大 有里典三訳)『ストリート・コーナーソサエティ』有斐閣 2000年

別の本で、同じような言葉を読んだことがあります。

「二年ほど前になるが、私のアメリカ留学時代の恩師がハーバード大学を退官された。トルコ出身の社会人類学者で、滞米生活は四十年を超えた。渡米経験も留学経験もないまま、学部卒業後、直にアメリカに大学院留学した私が、かろうじてあの時代を乗り越えることができたのは、決して学生を貶めることがなかった師の導きのおかげである。十年以上前のとある冬の日、大学の中庭を一緒に歩いていると、ふと、師がつぶやいた。
「どんな場所であれ、最初のうちは、語るのが容易いものです」
その場所に長くいればいるほど、そして、知れば知るほど、その場所をどう語ればよいのか、いや、そもそも語り得るものなのか、覚束なくなるということだ。生粋の紳士であった師の知的誠実さに感銘し、かつ自分の未熟さを恥じた瞬間だった。
アメリカから遠ざかるほどにアメリカを語るのは容易くなり、周囲が欲するアメリカを語ることにも長けてくる。今回、取材を通して、さまざまなアメリカに接したわけだが、その都度、頭をよぎるのは、あの時の師のさりげない一言であり、あの日の雪景色だった。ひとりよがりのアメリカを語ってしまいたくなる誘惑を断ち切りながら、アメリカをより丁寧に読み解いてゆきたい。」
*渡辺靖『アメリカン・コミュニティ−国家と個人が交差する場所』新潮社 2007年

『ストリート・コーナーソサエティ』は都市社会学の分野とされていますが、ウィリアム・F・ホワイトの大学時代の先行は経済学だったというのが興味深いです。

「しだいに私は自分自身が経済学者ではなく、社会学者ないしは社会人類学者と考えるに至った。」
*W・F・ホワイト(奥田道大 有里典三訳)『ストリート・コーナーソサエティ』有斐閣 2000年

既存の学問領域に過度にとらわれていては、新たな研究は生まれてこないのかもしれません。しかし同時に、既存の学問領域にしっかりとした足場を築いているからこそ、既存の領域を超えた新たな研究が生まれてくるのだと日々、感じています。

「ベルジャーエフの知識人の定義に、私は全面的に同意しているわけではない。ロシアの知識人は〈一般的にいって特に知的ではない者も属してさしつかえない〉というベルジャーエフの規定は間違っている。知識人である大前提としては、知によって生み出された何かを生死の原理にするからだ。ベルジャーエフが〈特に知的ではない者〉と切り捨てる中に、制度化された大学や科学アカデミーで知的訓練を受けていない知識人が多く含まれている。そのような知識人からも優れた知は生まれる。しかし、制度化されないので、それを継承、発展させることがむずかしいのである。」
*佐藤優「文庫版あとがき」・『自壊する帝国』新潮文庫 2008年

制度化されない知を「継承、発展させることがむずかしい」との指摘。

自身の専門領域は建築計画学ですが、建築計画学について知らないことが多過ぎます。建築計画学のことをもっと知りたいし、知っておくべきだということを、大学を卒業した今強く感じています。

(更新:2018年5月23日)